【レポート】『2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ 第二幕 ~月歌奇譚「夢見草」~』

ツキステ。

ラストはかなり泣けること必至。おなじみのメンバーが楽しくも真剣に全力で演じる。ところどころ歌も入るが、ミュージカル仕立てではなく、あくまでもストレートプレイだ。またメンバーの殺陣、アクションも必見、通路を使ったアクションがあるので、通路側の席にいる観客はかなりの迫力になるはず。桜の章(Six Gravity[新&葵]の比重多め)と月の章(Procellarum[陽&夜]の比重多め)とHPにある。桜の章はSix Gravity[新&葵]がメインで月の章はProcellarum[陽&夜]メイン、ストーリーは一緒なのだが、キャラクターの“立ち位置”を変えることによって違う物語に見えてくる。桜の章と月の章、ちょっと異なる景色になってくる、という趣向。マルチエンディングやマルチストーリーといった手法があるが、それとは全く異なる。これらはストーリーを変えている訳だが、今回の試みはストーリーは変えていないところがポイントだ。同じ台詞でも発言しているキャラクターが異なれば、抑揚も当然異なる、その気持ちも若干変わってくるはず。もちろん挙動も違うので、演じる側は「自分が演じるキャラクターはきっと、この場面ではこういう感情が起こるはず」と掘り下げていかなければならない。普通に演じるよりハードルは高くなる。ただ、こういったチャレンジはそうあることではないので、演出する側も演じる俳優も難しくも楽しい作業だったのではないだろうか。そして他の俳優陣にとってもそれに伴ってリアクションを少し変えたりする必要性も出てくる。「一粒で二度美味しい」試み、その成果はまずまずの出来映えであった。

ページ:
1 2

3

4 5 6 7 8 9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台『クローズZERO』
  2. Pukul
  3. 財木琢磨
  4. ミュージカル「ROMALE〜ロマを生き抜いた女カルメン〜」
  5. 舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』
  6. アジァパン

おすすめ記事

  1. デルフィニア戦記
    舞台『デルフィニア戦記』 楽しく、笑いの絶えない制作発表会! ファンの間で好評の『デルフ…
  2. ミュージカル『刀剣乱舞』
    ミュージカル『刀剣乱舞』~幕末天狼傳~ 2015年にトライアル公演、そして2016年に本公演、…
  3. 扉の向こう側
    『扉の向こう側』  "イギリスの喜劇王”と言われるアラン・エイクボーン作の舞台『扉の向こう側』…
  4. ローマの休日
    「ローマの休日」 有名すぎる「ローマの休日」、1953年ウィリアム・ワイラー監督により製作され…
  5. セヴィリアの理髪師の結婚
    OPERA『セヴィリアの理髪師の結婚』 構成・演出の田尾下 哲さん特別コメント到着! 有名な…
12月 2017
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る