【レポート】舞台版『侯爵令嬢は手駒を演じる』

侯爵令嬢は手駒を演じる

舞台セットはシンプル、冒頭にジュリアンナが登場し「私はジュリアンナ・ルイスに生まれたくなかった!」と言い放つ。それから場面が変わり、カフェのシーンからオープニングという趣向。国がふたつに分裂、どっちが国の中心になるのか、騙し騙され、思惑と陰謀と罠が渦を巻く。ジュリアンナは命がけで王都教会に潜入するが、それこそ誰も信じることの出来ない場所。ここでジュリアンナは用心深く探りを入れるのだが……。

侯爵令嬢は手駒を演じる

思わぬ人間関係やどんでん返し、原作のパワーもあり、脚本もしっかりしており、クローズアップしているところ、はしょるところのメリハリが効いて観やすい。およそ100分強の1幕ものだが、スピーディーに展開、キャラクター全てに見せ場があり、みんな個性的かつ色々と“訳あり”で、彼らのバックボーンも見逃せない。伏線が張り巡らされており、その全てが結末に向かって突き進んでいく。俺様王子のエドワード、演技力と度胸抜群のジュリアンナ他、どのキャラクターにも見せ場があり、生き生きしている。時折、ジュリアンナの“心の声”が吹き出しでスクリーンに映し出されるのが、なんともコミカルな印象。ラスト近くのアクションシーンはとにかく迫力満点、侍女のマリー演じる小玉百夏の身体能力の高さ!難しいアクションを一分の隙もなくこなす。また、門番のサムもめっぽう強く、縦横無尽に駆け回る。原作を知っていなくても十分楽しい。結末シーンはちょっとほのぼの、台詞もなかなか洒落が効いており、しっかりとしたウエルメイドな作品であった。

侯爵令嬢は手駒を演じる

ページ:
1

2

3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 艶が~る
  2. 石川五右衛門 外伝
  3. 黒子のバスケ
  4. LOVE ON THE FLOOR 2017
  5. 忍たま乱太郎
  6. オーバーリング・ギフト

おすすめ記事

  1. 忍たま乱太郎
    6月16日、東京・サンシャイン劇場にて、「ミュージカル『忍たま乱太郎』第8弾 再演~…
  2. 浦沢直樹展
    『浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる -大阪の巻-』 内覧会&トークライブ 2016年11月26…
  3. ちるらん
    舞台『ちるらん 新撰組鎮魂歌』 散りゆく運命、ROCK!漢!な男たちの生き様! 幕末最強…
  4. ダニー・ボーイズ
    音楽劇「ダニーボーイズ」~いつも笑顔で歌を~製作発表会 2008 年に手塚治虫文化賞を受賞し…
  5. おそ松さん
    【コラム】連載第179回 高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評  10月の話題作はアニメがメ…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る