【レポート】舞台版『侯爵令嬢は手駒を演じる』

侯爵令嬢は手駒を演じる

舞台セットはシンプル、冒頭にジュリアンナが登場し「私はジュリアンナ・ルイスに生まれたくなかった!」と言い放つ。それから場面が変わり、カフェのシーンからオープニングという趣向。国がふたつに分裂、どっちが国の中心になるのか、騙し騙され、思惑と陰謀と罠が渦を巻く。ジュリアンナは命がけで王都教会に潜入するが、それこそ誰も信じることの出来ない場所。ここでジュリアンナは用心深く探りを入れるのだが……。

侯爵令嬢は手駒を演じる

思わぬ人間関係やどんでん返し、原作のパワーもあり、脚本もしっかりしており、クローズアップしているところ、はしょるところのメリハリが効いて観やすい。およそ100分強の1幕ものだが、スピーディーに展開、キャラクター全てに見せ場があり、みんな個性的かつ色々と“訳あり”で、彼らのバックボーンも見逃せない。伏線が張り巡らされており、その全てが結末に向かって突き進んでいく。俺様王子のエドワード、演技力と度胸抜群のジュリアンナ他、どのキャラクターにも見せ場があり、生き生きしている。時折、ジュリアンナの“心の声”が吹き出しでスクリーンに映し出されるのが、なんともコミカルな印象。ラスト近くのアクションシーンはとにかく迫力満点、侍女のマリー演じる小玉百夏の身体能力の高さ!難しいアクションを一分の隙もなくこなす。また、門番のサムもめっぽう強く、縦横無尽に駆け回る。原作を知っていなくても十分楽しい。結末シーンはちょっとほのぼの、台詞もなかなか洒落が効いており、しっかりとしたウエルメイドな作品であった。

侯爵令嬢は手駒を演じる

ページ:
1

2

3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ロマンシング サガ
  2. ハムレット
  3. ロミオとジュリエット
  4. カバネリ
  5. おとめ妖怪ざくろ
  6. 田尾下哲

おすすめ記事

  1. ノートルダムの鐘
    ミュージカル「ノートルダムの鐘」 普遍的なテーマ性、後世に残るミュージカル 上演決定から大き…
  2. 浦沢直樹展
    『浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる -大阪の巻-』 内覧会&トークライブ 2016年11月26…
  3. テニスの王子様
    ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs氷帝 いよいよ待ちに待った…
  4. ツキステ。
    『2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ 第二幕 ~月歌奇譚「夢見草」~』 通称『ツキ…
  5. ツキウタ
    2.5次元ダンスライブ『ツキウタ。』ステージ 通称2.5次元舞台やライブが好調だ。今年に…
1月 2017
« 12月   2月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る