【3.0レポート】冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』

ドクター・コッペリウス

『惑星 Planets Live Dub Mix』

バレエとロケット、一見なんの関係もないように見えるが、実は重力を乗り越えようとすることは共通だ。バレエ、ダンス一般そうだが、高く跳躍することは重力に逆らう。ロケットもまた重力に逆らい、地球を飛び出し、宇宙にいく。そこにロマンがあり、夢がある。作品全体にクリエイターのロマンと哲学、そして夢が詰まっている。この公演の最後に冨田勲の生前の写真がスクリーンに映し出された。彼の音楽は永遠に生き続けるのだという予感がした。
なお、2017年4月、すみだトリフォニーホールで再演が決定した。

【公演データ】

冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』
2016年11月11日〜11月12日
Bunkamura オーチャードホール (東京・渋谷)
2017年4月 再演決定!
すみだトリフォニーホール

■演目
〈第1部〉
『イーハトーヴ交響曲』
作曲:冨田勲/指揮:渡邊一正/管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団/バーチャル・シンガー:初音ミク/合唱:シンフォニーヒルズ少年少女合唱団、イーハトーヴ合唱団
『惑星 Planets Live Dub Mix』
Dub Mix:エイドリアン・シャーウッド

〈第2部〉
スペース・バレエ・シンフォニー『ドクター・コッペリウス』
制作・ストーリー原案:冨田勲/リアルタイム3D映像投射技術:クリプトン・フューチャー・メディア/エレクトロニクス:ことぶき光/振付:辻本知彦/出演:初音ミク、風間無限/ 指揮:渡邊一正/管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
主催:日本コロムビア、クリプトン・フューチャー・メディア、キョードー東京、公益財団法人かけはし芸術文化振興財団
協賛:日本カーバイド工業株式会社
協力:東京フィルハーモニー交響楽団、手塚プロダクション、No Maps実行委員会、TSUKUMO

■WEB関連
Dr.Coppelius公式WEBサイト
http://www.dr-coppelius.com

© Crypton Future Media,INC.www.piapro.net/photo by 高田真希子

ページ:
1 2 3

4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. MOJO
  2. 忍たま乱太郎
  3. めがだん
  4. 艶が~る
  5. テニスの王子様
  6. THE SMALL POPPIES

おすすめ記事

  1. ツキクラ
    「TSUKINO CROWD FESTIVAL 2016 WINTER」(クラフェス) 新曲披露、…
  2. ReLIFE
    高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評 連載第178回 9月の初旬、アニメ放映中(9月迄)であ…
  3. 野良女
    ノンストップ!アラサー女子の本音トーク! 女性には共感!! 男性には恐怖!? 「強そうに見える女…
  4. テニスの王子様
    ミュージカル『テニスの王子様』 コンサート Dream Live 2017 テニミュ3r…
  5. ハムレット
    「ハムレット」製作発表会、世界的演出家、ジョン・ケアード、シェイクスピアを大いに語る 1月10…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る