【レポート】「i☆Ris 4th Anniversary Live ~418~」公演レポ

i☆Ris

「i☆Ris 4th Anniversary Live ~418~」公演レポ

i☆Ris、初の日本武道館コンサート、満員御礼で大盛り上がり!来年は全国ツアーも!

i☆Ris、初めての日本武道館でのコンサート、開場前から大勢のファンが集まっていた。親子連れもチラホラ見かけ、ファン層の厚さを感じる。アリーナ席の中央にも舞台をしつらえ、そこに行くまでの“花道”は、もちろん6色のカラー、それだけでもテンションがあがる。そして18時半、いよいよコンサートの幕開き、スクリーンに数字が出る、客席からカウントダウンの声、「5、4、3、2、1!」と同時にセリからi☆Risのメンバーが勢い良く飛び出し、大歓声があがった。色とりどりのペンライトが会場を埋め尽くす。どんどんとおなじみのナンバーを歌うi☆Ris、客席はもうスタンディング、タテノリで、早々にキャノン砲、ファンもメンバーも大盛り上がりで次々とナンバーを披露、20分程熱唱 したところで挨拶「こんばんわ~i☆Risです!遂に来てしまいました日本武道館、盛り上がってますか~」の呼びかけに大きな歓声と掛け声と拍手。この公演は二コ生でも観られるので、視聴しているファンも合わせると相当数のファンがLiveで観ていることになる。この挨拶終了後にまたライブ、歌うは『鏡のLabyrinth』、それからどんどん歌う、歌う、そして踊る、踊る、もう全力全開!“花道”を走り、そこで歌い踊る、アリーナ席はテンションMAX!そしてアリーナに設置された舞台にあがるメンバー、後方席も大興奮!コンサートが始まっておよそ1時間、舞台装置も華やか、イリュージョンも駆使して見せ場を作る。そこでいったんメンバーが舞台からはけ、それからしばらく経って登場、着替えた衣装、カラフルで可愛らしく、客席から歓声があがった。「後半戦、盛り上がっていけるよね~」そして「ラストスパート!!」の掛け声でラストの曲を熱唱、キャノン砲がまたまたあがってコンサートは終了、と思いきや客席から「アンコール」の掛け声……から「i☆Ris」の掛け声に変わる。およそ5分後に再びメンバーがセリから飛び出した。記念Tシャツ着用、スカートもキュートでなかなか似合う。それから舞台上に特大ケーキが運ばれた。客席を背景にケーキとパチリ、でもずっと歌って踊っていたメンバー、撮影の後はちょっとケーキを……。そしてここで新曲を披露、歌い終わったところで重大発表が!14枚目のシングルリリース、そして「i☆Ris 3rd Live Tour 2017」、全国9カ所17公演となるが、発表のたびに大盛り上がり!ラストは『ドリームパレード』を熱唱し、コンサートは大盛況のうちに幕を閉じた。

i☆Ris

山北早紀(やまきた さき)

i☆Ris

芹澤 優(せりざわ ゆう)

i☆Ris

茜屋日海夏(あかねや ひみか)

i☆Ris

若井友希(わかい ゆうき)

i☆Ris

久保田未夢(くぼた みゆ)

i☆Ris

澁谷梓希(しぶや あずき)

ページ:

1

2 3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. スタミュ
  2. セーラームーン
  3. 直感×アルゴリズム♪
  4. さよならソルシエ
  5. ハイキュー!!
  6. ツキステ。

おすすめ記事

  1. 薄桜鬼
    "薄ミュLIVE"開幕直前 アニメイト AKIBA ガールズステーション開店記念イベント、楽しいトー…
  2. 残響のテロル
     2016年、PREMIUM 3D STAGEと銘打って『残響のテロル』が舞台化される。20…
  3. P4U2
    舞台『ペルソナ4ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』真殿光昭さん特別コメント到着!…
  4. エッグ・スタンド
    スタジオライフ『エッグ・スタンド』 生と死、愛と憎しみ、いつも隣り合わせ、「生きているのか死ん…
  5. ミュージカル『薄桜鬼』HAKU-MYU LIVE 2
    新選組と鬼達が、歌い舞う―――“薄ミュ”の宴ふたたび! ミュージカル『薄桜鬼』の人気楽曲で盛り上が…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る