アニメ放映直後の舞台化としては「Dance with Devils」、通称“ダンデビ”、2015年の秋に放映され、2016年の3月に上演、さらに12月にはWエンディングで再上演、この異例の早さと1年経たない内に再び上演、しかも単純な再演ではない、という企画。制作側、プロデュース側の創意工夫を感じる。

ダンデビ

ミュージカル「Dance with Devils」通称“ダンデビ”

アート志向の舞台作品としてはミュージカル「さよならソルシエ」、舞台「クジラの歌は砂上に歌う」が挙げられる。キャラクターの容姿はコミックを踏襲しているものの、演出的には舞台らしいアナログで、また「さよならソルシエ」はプロジェクション・マッピングでゴッホの絵を次々と映し出したり、あるいは筆のタッチで絵が描き上がっていったり、と舞台全体がゴッホの絵の世界になり、その中でゴッホ始め、キャラクター達が息づいているという空間、ゴッホ兄弟の愛憎が激しくも鮮やかなタッチでゴッホの絵画のタッチと相似形となり、観客に迫る演劇的にも秀逸な作品であった。しかも2017年に再演が決定しており、その進化ぶりは楽しみ。舞台「クジラの歌は砂上に歌う」は舞台に傾斜をつけ、広がりのある空間でありながら閉塞感のある世界観を表現、難しい題材に挑戦したスタッフ・キャストの努力が感じられる舞台であった。

クジラの歌は砂上に歌う

舞台『クジラの歌は砂上に歌う』

さよならソルシエ

ミュージカル「さよならソルシエ」

ページ:
1 2

3

4 5 6 7 8 9 10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 天国の脚本家 冴嶋コーキ
  2. 舞台『青の祓魔師』
  3. ツキウタ。
  4. 舞台『炎の蜃気楼昭和編 紅蓮坂ブルース』
  5. 舞台「『ポセイドンの牙』Version蛤」
  6. RICE on STAGE「ラブ米」

おすすめ記事

  1. 男水!
    舞台「男水!」 白泉社・花とゆめ「花LaLaonline」で大人気連載中の木内…
  2. ミュージカル『刀剣乱舞』
    ミュージカル『刀剣乱舞』~幕末天狼傳~ 2015年にトライアル公演、そして2016年に本公演、…
  3. 東京国際映画祭
    第29回 東京国際映画祭、華やかに開催 東京国際映画祭は日本で唯一の国際映画製作者連盟*公…
  4. 田尾下哲
    ライブミュージカル「プリパラ」み~んなにとどけ!プリズム☆ボイス2017 演出・田尾下哲さん特別イ…
  5. 黒子のバスケ
    舞台「黒子のバスケ」OVER-DRIVE 2016年に初舞台化で大きな話題を呼んだ舞台「黒子の…
10月 2017
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る