その真逆なもの、つまり、見た目も原作に近づけたものとしては大ヒットアニメの「おそ松さん」の舞台化、「 おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」もちろん六つ子の俳優ではなく、それぞれのキャラクターに近いテイストの俳優を揃え、あの六つ子を表現、会見では俳優が「座高の高さが違うのは気のせい」とコメントしていたが、見ているうちにだんだん六つ子に見えてくるところが面白く、また、おなじみのキャラクターが賑やかに登場して終始、観客を楽しませることに徹底していた。その他、いわゆる“部活もの”は総じて見た目もテイストも原作に近づけたものが主流で、ファン納得のビジュアルであったが、異色の“部活もの”、運動部ではない「金色のコルダ」の舞台化、登場人物は原作ファンの期待通りであったが、音楽をビジュアル化するという点では極めて演劇的、もちろん原作では楽曲を視覚化していない。しかし、演劇作品としての表現にこだわりを見せている点において、クリエイティブ側のチャレンジする姿勢を感じる。

おそ松さん

「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」

金色のコルダ

音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Second Stage』

ページ:
1 2 3 4

5

6 7 8 9 10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 蜷川幸雄一周忌
  2. あさひなぐ
  3. NARUTO
  4. のど自慢
  5. 警視庁抜刀課
  6. 人狼TLPT

おすすめ記事

  1. ロミオとジュリエット
    ミュージカル『ロミオトジュリエット』 ミニライブ付き!製作発表会 あまりにも有名な『ロミオと…
  2. 金色のコルダ
    音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky Prelude of 至誠館」 音楽劇「金色のコルダBlu…
  3. ツキステ。
    『2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ 第二幕 ~月歌奇譚「夢見草」~』 通称『ツキ…
  4. メサイア
    舞台「メサイア―暁乃刻―」 ハッカー、人工知能、その先にあるものは? 黒幕は?息もつかせぬ男たち…
  5. ワンサくん
    高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評 連載第177回 『アニメ!アニメ!』で2012年より連載…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る