その真逆なもの、つまり、見た目も原作に近づけたものとしては大ヒットアニメの「おそ松さん」の舞台化、「 おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」もちろん六つ子の俳優ではなく、それぞれのキャラクターに近いテイストの俳優を揃え、あの六つ子を表現、会見では俳優が「座高の高さが違うのは気のせい」とコメントしていたが、見ているうちにだんだん六つ子に見えてくるところが面白く、また、おなじみのキャラクターが賑やかに登場して終始、観客を楽しませることに徹底していた。その他、いわゆる“部活もの”は総じて見た目もテイストも原作に近づけたものが主流で、ファン納得のビジュアルであったが、異色の“部活もの”、運動部ではない「金色のコルダ」の舞台化、登場人物は原作ファンの期待通りであったが、音楽をビジュアル化するという点では極めて演劇的、もちろん原作では楽曲を視覚化していない。しかし、演劇作品としての表現にこだわりを見せている点において、クリエイティブ側のチャレンジする姿勢を感じる。

おそ松さん

「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」

金色のコルダ

音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Second Stage』

ページ:
1 2 3 4

5

6 7 8 9 10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『マスカレイドミラージュ』
  2. ツキウタ。
  3. RICE on STAGE「ラブ米」
  4. 舞台「『ポセイドンの牙』Version蛤」
  5. 財木琢磨
  6. 舞台『炎の蜃気楼昭和編 紅蓮坂ブルース』

おすすめ記事

  1. おとめ妖怪ざくろ
    舞台「おとめ妖怪ざくろ」 キャスト特別コメント到着! 大人気コミックの舞台化として発表か…
  2. FILL-IN
    『FILL-IN~娘のバンドに親が出る~』 東京で7年ぶりの新作公演となる後藤ひ…
  3. i☆Ris
    「i☆Ris 4th Anniversary Live ~418~」公演レポ i☆Ris、初の…
  4. 「錆色のアーマ」 「錆色のアーマ」は、戦乱の世を舞台に、「アーマ」と呼ばれる個性的な武器を 携え…
  5. ツキウタ
    2.5次元ダンスライブ『ツキウタ。』ステージ 通称2.5次元舞台やライブが好調だ。今年に…
10月 2017
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る