その真逆なもの、つまり、見た目も原作に近づけたものとしては大ヒットアニメの「おそ松さん」の舞台化、「 おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」もちろん六つ子の俳優ではなく、それぞれのキャラクターに近いテイストの俳優を揃え、あの六つ子を表現、会見では俳優が「座高の高さが違うのは気のせい」とコメントしていたが、見ているうちにだんだん六つ子に見えてくるところが面白く、また、おなじみのキャラクターが賑やかに登場して終始、観客を楽しませることに徹底していた。その他、いわゆる“部活もの”は総じて見た目もテイストも原作に近づけたものが主流で、ファン納得のビジュアルであったが、異色の“部活もの”、運動部ではない「金色のコルダ」の舞台化、登場人物は原作ファンの期待通りであったが、音楽をビジュアル化するという点では極めて演劇的、もちろん原作では楽曲を視覚化していない。しかし、演劇作品としての表現にこだわりを見せている点において、クリエイティブ側のチャレンジする姿勢を感じる。

おそ松さん

「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」

金色のコルダ

音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Second Stage』

ページ:
1 2 3 4

5

6 7 8 9 10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ロマンシング サガ
  2. ロードス島戦記
  3. 私のホストちゃん
  4. 英雄伝説
  5. ハムレット
  6. ロミオとジュリエット

おすすめ記事

  1. 僕とあいつの関ヶ原
    朗読劇「僕とあいつの関ヶ原」 朗読劇「僕とあいつの関ヶ原」公式写真&稽古動画はコチラ htt…
  2. 田尾下哲
    ライブミュージカル「プリパラ」み~んなにとどけ!プリズム☆ボイス2017 演出・田尾下哲さん特別イ…
  3. おそ松さん
    【コラム】連載第179回 高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評  10月の話題作はアニメがメ…
  4. 金色のコルダ
    ↓↓↓ 公演レポートはこちら ↓↓↓ 【レポート】音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky S…
  5. 扉の向こう側
    『扉の向こう側』  "イギリスの喜劇王”と言われるアラン・エイクボーン作の舞台『扉の向こう側』…
1月 2017
« 12月   2月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る