ハムレット

「ハムレット」製作発表会、世界的演出家、ジョン・ケアード、シェイクスピアを大いに語る

1月10日の火曜、東京芸術劇場主催の公演「ハムレット」の製作発表会が行われた。登壇したのは演出家のジョン・ケアード、 音楽・演奏の藤原道山 、翻訳家の松岡和子、 そしてキャストの方々、内野聖陽、貫地谷しほり、北村有起哉、加藤和樹、山口馬木也、今拓哉、壤晴彦、村井國夫、浅野ゆう子、國村隼 。

まず、主催であり、東京芸術劇場の館長の萩田 伍が挨拶。ジョン・ケアード演出は東京芸術劇場では初めてのことだそう。
そしてジョン・ケアードが挨拶、世界的にヒットしたミュージカル「レ・ミザラブル」のオリジナル版の演出、そしてロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)の名誉アソシエート・ディレクターとして様々なシェイクスピア劇を手掛け、伝説を残してきたが、彼が選んだ作品は「ハムレット」。2000年に英国ナショナル・シアターで、名優サイモン・ラッセル・ビール主演で「ハムレット」を演出、自身の代表作のひとつであるが、今回は日本公演に向けて綿密に練り上げた斬新な解釈で取り組む。実は今回、出演者は14名。「ハムレット」は20〜30人ぐらいの出演者でやるのが通常。つまり、複数の役を演じることになる俳優がいる訳である。ハムレットでさえも、である。

ページ:

1

2 3 4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 忍たま乱太郎
  2. 石川五右衛門 外伝
  3. 艶が~る
  4. THE SMALL POPPIES
  5. めがだん
  6. LOVE ON THE FLOOR 2017

おすすめ記事

  1. 朗読ミュージカル
    3月4日(土曜日)に東京ガーデンパレスで行われました 「朗読ミュージカルinホワイトチャペル」を写…
  2. 藤田俊太郎
    『Take me out』演出家・藤田俊太郎 特別コメント 『Take me out』は200…
  3. マザーズ・イン・ヘヴン
    ドラマティック・カンパニー公演 『マザーズ・イン・ヘヴン』(作・演出 TARAKO) 関 俊彦 …
  4. 薄桜鬼
    "薄ミュLIVE"開幕直前 アニメイト AKIBA ガールズステーション開店記念イベント、楽しいトー…
  5. ヘタリア
    『ミュージカル「ヘタリア~The Great World~」』 ♪公演DVD発売決定!&ニコ生…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る