ノラガミ

【レポート】舞台「ノラガミ-神と絆-」

舞台「ノラガミ-神と絆-」
つながりを確かめ合う、それぞれの絆

あだちとか原作の人気コミック『ノラガミ』が2016年に初の舞台化を果たしたが、舞台のためだけのオリジナルストーリーであった。今回も完全オリジナルストーリーとなる。『ノラガミ』では、貧乏でマイナーな神様である主人公・夜ト(やと)、神の道具である神器(しんき)となった死霊の少年「雪音(ゆきね)」、魂の抜けやすい半妖体質となった少女・壱岐(いき)ひよりの3人に芽生える絆、そして神々との戦いが描かれているが、今回の舞台新作公演では、オリジナルキャラクターとして、「争いごとを願う人の思い」から生まれてた神“敢御(いさご)“が登場する。

【レポート】舞台『ノラガミー神と願いー』
https://25news.jp/?p=778

ノラガミ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。