• HOME
  • ブログ
  • 【レポート】舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~」
夢王国と眠れる100人の王子様

【レポート】舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~」

舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~」

人気スマホパズルRPGゲームを舞台化した『夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~』が開幕!
原作は、夢世界の王国に住む100人以上の王子様との恋が体験できるゲームアプリ。来年テレビアニメ化も決定している。
初日を迎えるにあたり、主要キャストが登壇し、抱負を述べた。

夢王国と眠れる100人の王子様

小澤廉(ティーガ 役)
この「夢王国と眠れる100人の王子様」はちょっとゆるい部分、コメディチックな部分があります。そしてキャラクターのチームごとの関係性が現れているシーンもありますので、ゆるいところは思い切ってふざけて、関係性を見せるところはハキハキとメリハリのある演技をやっていきたいと思います。ティーガは天真爛漫な変わった王子なので、巻き込んでいくようなところが見所です。また、ティーガと似ている部分のあるチェシャ猫にも注目してほしいです。

高崎翔太(リド 役)
今回王子様ということで、見に来てくださる皆様に楽しんでもらえるような華やかな舞台になっていると思います。原作では絡んだことのない王子同士が掛け合いをするので、そういうゲームにはない部分が見所です。各国が自分たちの歌を歌う時は全員カラーが違って、振り付けや照明なども違うのでそこも見所です。

安達勇人(サイ 役)
歌って踊ってそしてアクションをして、いろんな見所があると思います。夢王国ということで来てくださった方々がすごくキラキラしたものを持って帰ってくれたら嬉しいです。サイは、普段素直に気持ちを吐き出さないのですが、いろんなものを通して成長できるものが描かれているのでぜひ、そちらも楽しみにしてください。また、王子たちはもちろんですが、アンサンブルの面白いシーンがありますのでそこも楽しみに来てください。

碕 理人(マッドハッター 役)
今回、100人以上いる王子様の中から僕たち13名が舞台をやるということで、いろんな国、チームのキャラクターが個性的だったり、その国同士の関係性だったりをみなさんにお届けすることができたらなと思います。歌のシーンとかアクションのシーンとかチームごとに戦い方が違って、かっこいいシーンがたくさんあるのでそこに注目してください。

吉岡 佑(フロスト 役)
みんなが言っていた通り13人の個々の個性が本当に楽しい舞台になっておりますので、ぜひ姫たちに見てもらえると嬉しいです。僕たち雪の国は3人兄弟で、他の国の人たちと違った3人の兄弟愛が面白いのかなと思います。歌とダンスも雪の国はちょっと違うというところを見せたいと思っておりますのでよろしくお願いします。

夢王国と眠れる100人の王子様

↓↓↓囲み会見の様子はコチラ↓↓↓

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。