明治東亰恋伽

【レポート】歌劇『明治東亰恋伽〜朧月の黑き猫〜』

なお、ゲネプロ前に囲み会見があった。登壇したのは菱田春草役・橋本祥平、綾月芽衣役・青木志穏、泉鏡花・赤澤燈、川上音二郎・遊馬晃祐、藤田五郎・吉岡佑、小泉八雲・汐崎アイル、チャーリー・安里勇哉、森鴎外・荒木宏文。

初主演という大役にチャレンジする橋本は「特に何も出来ずに自分のことで精一杯」と言い、「その集大成を初日で迎えることが出来たら」とコメント。恋に落ちる菱田春草、ラスト近くは切なく、熱く、いい芝居をしていた。ヒロインの青木は「普通の女子高生だった芽衣ちゃんが成長したり、キュンキュンしたり、いろんなことを感じるので、お客様も一緒に感じて頂けたら」とコメント。キュートなルックスで偉人たちが気になる存在を体現していた。赤澤は「楽曲やダンスが素晴らしい」と語ったが、偉人たちのかっこいいダンスは、なかなかスタイリッシュ。安里も「本当にもりだくさん」と語るが、自身はマジックを舞台上で披露、「観ている皆さんも実際に明治時代に連れて行くようなチャーリーでありたい」と意気込みを語った。遊馬は「男前の川上音二郎と女形、是非、観てください」とアピールした。荒木は「偉人を演じる、というよりは原作をリスペクトして役作りしました」と言う。本当にいた偉人ではなく、あくまでもゲームの中のキャラクター「時代をリアルに追求するのではなく……」実際の人物とは見た目も全く異なる。しかも実在の人物をリスペクトして構築されているので、ここは皆、役作りとしては一番、悩んだ部分なのではないだろうか。吉岡は「原作ファンの方にも、舞台ファンの方にも楽しんでいただけるようにしたい」とコメント。汐崎はアイルランド生まれで日本育ち、小泉八雲はギリシャ生まれアイルランド育ち、「シンパシーを感じますね」と言うが、汐崎にぴったりの”シュチュエーション”、「日本に来たという彼の好奇心も僕にリンクする」と、もう汐崎のために用意された役、と言えよう。「もののけ大好きな小泉と、やっつけてやろうという藤田との絡みをたのしみにしてください!」と早くからテンションアップ。終始、楽しそうなカンパニーであった。

なお、最終日の公演は、動画サービス「niconico」にて独占配信される。

http://www.maxphoto.jp/

[出演]
菱田春草:橋本祥平
綾月芽衣:青木志穏
泉鏡花:赤澤燈
川上音二郎:遊馬晃祐
藤田五郎:吉岡佑
小泉八雲:汐崎アイル
チャーリー:安里勇哉
森鴎外:荒木宏文
白雪:黒瀬千鶴子
[公演データ]
歌劇『明治東亰恋伽~朧月の黑き猫~』
東京都 博品館劇場
2016年6月2日~12日

※2016年10月5日Blu-ray、DVD発売予定!
ブックレットと特典映像がついてくる!

http://kageki-meikoi.com/

©歌劇「明治東亰恋伽」製作委員会 ©MAGES./LOVE&ART

取材・文/高浩美
撮影/洲脇理恵(MAXPHOTO)

■歌劇『明治東亰恋伽~朧月の黑き猫~』 過去リリース情報
https://25news.jp/?p=2045
https://25news.jp/?p=1778
https://25news.jp/?p=560
https://25news.jp/?tag=明治東亰恋伽

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。