青の祓魔師

【レポート】舞台『青の祓魔師(エクソシスト)』稽古場レポ

記者からは今回のコンセプトややってみたいことは?との質問が出た。演出の西田は「前回の舞台『青の祓魔師』は2つの作品を同時にやったのですが、細かく創れたなという想いがありました。今回は”京都紅蓮篇”1本で作品を突き詰められるので、大きな仕掛けが出来るんじゃないかと思います」とコメント。また、原作ファンの北村は「作品を最初に知ったのはアニメからだと思うんです。オープニングからワクワクしてて、少年心をくすぐられる、仲間との葛藤や兄弟や仲間との関係、まず、アニメを観てワクワクするのが一番にあって、それからマンガも読みました。男の子としては、やっぱり好きにならずにいられないなっていう風に思ったのはすごく覚えていますね」とコメント。宮崎もまた原作ファンで「僕も”入り口”はアニメでした。人間関係が細かく繊細に描かれていて、一気に惹かれました」とコメント。北村は続けて「燐がみんなから距離を置かれて、またこの話のところでそれが縮じまった、燐と雪男の関係が少し深まってっていうのがちょうどそこで描かれていて、距離感の違いとかを見せられたらいいな」と語った。猪突猛進タイプの燐と真面目で冷静沈着な雪男、2人のやり取りは見どころになるはずだ。宮崎は「”京都紅蓮篇”で雪男の心情がぐっと掘り下げられる話なので、”京都紅蓮篇”の前(の話を踏まえて)ちゃんと創って、表現出来たら」と語る。西田は「『青の祓魔師(エクソシスト)』はエンターテイメント性の高い作品です。でも人間の闇の部分とか、そういう奥行きとかもある作品だなと。舞台をやりながら、そこは大事にしたいなと思います」と語った。役の印象に関しては、北村は「弟想いの熱い奴。感情を解放する、自分にはあんまりない部分があります。(燐を)見習いたいなと思うところがたくさんあるので、燐と一緒に成長したいと思います」と語る。宮崎は「雪男はしっかりしてて真っすぐで真面目な男です。内面を表に出さないタイプで、熱いものが中にあるけど、(それを)出してないっていう表現をしっかり出来ればいいなと」とコメント。また宮崎は西田演出作品については「西田さんの作品を何回か見させて頂いて、エンターテイメント色の強い作品の時は華々しくなりますし、ドロドロした作品は、ちゃんと人間関係とかを追求していて、それを痛々しいほどまでに描く演出家さんだと思うので、エンターテイメントだけでなくその両面をしっかり出せる作品になれたらいいなと」と語った。北村は「西田さんとは何回か一緒にやらせて頂いてますが、西田さんが演出する原作モノの舞台は今回初めてなんです。普段の西田さんのオリジナル作品と原作モノの作品との違いはどうなんだろうって、凄くドキドキしています。燐は前半は刀抜けないというのもあるので、後半の刀が抜けてからも、戦いであったりとか、そういったメリハリとかも凄く楽しみなのと、西田さんの殺陣も凄く好きなので、今日はめちゃくちゃ楽しかったし、早く動きたいなっていうのがあります」。演出の西田は「アニメやマンガを観ている方たちの期待を裏切らないような作品にしなければならない使命がありますし、僕は、この2人だったら、大きな世界観を乗り越えられるんじゃないかと思っています……この物語は燐が闇を持っているという大枠で出来ているんですけど、(でも)明らかに闇を抱えているのは雪男の方だと。そのバランスが絶妙だなと。これってマンガだけじゃなくって舞台でも、表現するべきだなという思いがあります」と語った。

青の祓魔師 青の祓魔師

最後にお客様へのPR、北村は「先ほど西田さんもおっしゃたように原作ファンの期待を裏切らないように、期待を超えられるように全員で全力で!」、宮崎は「(どのくらい)どえらい作品に仕上がってるかを観にきて欲しいです!」とコメント。最後に西田が「今日、ここに集まった皆さんが一丸となって宣伝して頂いて(笑)これをなんとか成功させたいなと思ってるんです!これもひとつのチームになって、ですね、”青エク”満員御礼!中身は僕、頑張りますので!是非とも宜しくお願いします!」と切実(!?) な締めの言葉で集まった記者を笑わせつつ、3人声を揃えて「お願いします!」、和やかに会見は終了した。

eyeca

[出演]
奥村 燐:北村 諒
奥村雪男:宮崎秋人
ほか

[公演データ]

舞台『青の祓魔師(エクソシスト)〜京都紅蓮篇〜』
原作・脚本協力:加藤和恵(集英社「ジャンプスクエア」連載)
脚本・演出:西田大輔

2016年8月5日〜8月14日
Zeppブルーシアター六本木

【チケット先行予約!】

チケット 抽選先行&先着先行実施決定!

■抽選先行受付: 2016年6月4日(土)12:00 ~6月8日(水)18:00まで
■先着先行受付: 2016年6月15日(水) 19:00 ~6月16日(木)18:00まで
イープラス http://eplus.jp/ao-ex/
ローソン:http://l-tike.com/ao-ex/
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/ao-ex-stage/

チケット一般発売:6月18日〜

http://www.ao-ex.com/stage/

©2016 加藤和恵/集英社・舞台「青の祓魔師」プロジェクト

取材・文/高浩美

■過去リリース情報

https://25news.jp/?p=2553
https://25news.jp/?tag=青の祓魔師

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。