舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-

【レポート】オープニングから目を離せない! 舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝- いよいよ開幕!

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-ゲネプロレポート

2019年3月9日(土)東京・日本青年館ホールにて、舞台『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-が開幕した。平成仮面ライダーシリーズ第15作として放送された「仮面ライダー鎧武/ガイム」が原作の本作品は、放送内でも登場した呉島貴虎を主人公に、テレビシリーズのその後と前日譚を描いたオリジナルストーリーで展開。主演に久保田悠来を迎え、萩谷慧悟、原嶋元久、小沼将太、丘山晴己らが出演する作品だ。ここでは、初日前に行われたゲネプロと囲み会見の様子を動画と記事にてお届けする。未見の方には注意していただきたい。

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-

囲み会見には、出演者より久保田悠来、萩谷慧悟、丘山晴己と脚本・演出を手掛けた毛利亘宏が登壇し、意気込みや見どころを語った。

物語は、トルキア共和国・アンダーグラウンドシティに記憶を失くした呉島貴虎(演:久保田悠来)が迷い込むシーンからはじまる。呉島貴虎はアイム(演:萩谷慧悟)に助けられ、共に行動することを決意。徐々に記憶が蘇る貴虎だったが、貴虎を狙うある男が現れる――。

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-

舞台『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-では、アクションシーンが豊富に散りばめられている。その迫力を間近で感じられるのは、舞台ならではだろう。

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-

シリーズファンにはお馴染み、チーム別のバトルも必見だ。アイム率いるチーム『オレンジ・ライド』からは、パイモン(演:後藤大)、グシオン(演:高橋奎仁)、チーム『バロック・レッド』からはグラシャ(演:増子敦貴)、ベリト(演:千田京平)、オセ(演:田淵累生)、チーム『グリーン・ドールズ』からはフォラス(演:宇野結也)がアクション・ダンスを使って作品を盛り上げる。

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-

さらに、鎮宮雅仁(演:丘山晴己)、鎮宮影正(演:原嶋元久)ら兄弟、そして父親である鎮宮鍵臣(演:大高洋夫)の人間模様にも注目していただきたい。雪叢・ベリアル・グランスタイン(演:小沼将太)が魅せるアクションも見逃せないだろう。

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-は、東京・京都の2か所で上演。公演は、東京・日本青年館ホールでは、2019年3月9日(土)から24日(日)、京都・京都劇場では3月28日(木)から3月31日(日)まで行われる。アフターイベントなどの情報は公式ホームページ(https://www.nelke.co.jp/stage/zangetsu/)にて。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。