明治座の変 麒麟にの・る

る・ひまわり×明治座“祭”シリーズ!「明治座の変 麒麟にの・る」上演決定!

こんな“本能寺の変”は見たことない!
令和初の年末は、ワケあり明智光秀とワケあり織田信長!
どこよりも早く、明治座に麒麟がやってきます!
る・ひまわり×明治座“祭”シリーズ!

2019年12月28日~31日 明治座にて上演!

ついに、全出演キャスト解禁!!
今年の主演は、平野良&安西慎太郎の二人!!
さらに、凰稀かなめ、粟根まこと、椿鬼奴、辻本祐樹ら豪華キャストが大集結!

明治座の変 麒麟にの・る

この度、2019年12月28日(土)~31日(火)明治座にて、「明治座の変 麒麟にの・る」(通称:る変(るへん))を上演致します。
本公演は2011年より、演劇製作会社る・ひまわりと創業140年を越える老舗大劇場の明治座がタッグを組み、歴史ものをテーマに上演を続けてきたシリーズの舞台です。伝統ある商業演劇スタイルに則って第一部ではお芝居、そして第二部ではショーの2部構成でお届け致します。
 
第一部のお芝居では、忠臣蔵・源義経・阿弖流為、武田信玄など、歴史的にも有名な人物や物語を題材に、史実に忠実ながらも「もしあの時こんなことがあったら…」という歴史の「もしも」に着目し、斬新な解釈を取り入れた新しい歴史エンターテインメントを上演します。出演者は、小劇場・ミュージカル・映像など様々な畑から【つわもの】俳優たちが集結し、笑いあり、歌あり、踊りあり、涙ありの疾走感たっぷりの時代劇で、個性的なキャラクターたちが奔走します。
 
そんな今年の第一部の演目は『麒麟にの・る』。日本の歴史上、最も有名にして最も謎が多いとされる“本能寺の変”を、今まで見たことがないトンデモ設定の新たな物語として描きます。主人公は、重大な秘密を抱えた明智光秀と織田信長。「明智光秀はなぜ織田信長を討ったのか?」“本能寺の変”最大の謎に迫ります。
 
そして第二部は、番外編「3.5次元舞台~日本の歴史~」と題して、歴史上の人物たちがミュージカル、LIVE、恋愛シミュレーションゲーム、寸劇、ネタ見せなど多様なコンテンツ盛りだくさんでお届けする60分。俳優陣のシュール且つお茶目な一面をご堪能いただけます。
そして本日、7月25日(木)に演出・原田優一による出演メンバー発表番組が、る・ひまわりYouTubeチャンネルにて配信されました。
今回の主演は、明智光秀役に平野良!そして織田信長役に安西慎太郎! W主演で挑みます。さらに、元・宝塚トップスタ―の凰稀かなめ、劇団☆新感線の粟根まこと、お笑い芸人の椿鬼奴、“祭”シリーズ常連の辻本祐樹ら豪華なキャストが集結しました。
つきましては、W主演の平野良、安西慎太郎そして演出の原田優一からの意気込みコメントをお送りします。
ぜひ本情報をお取り上げいただけますと幸いです。何卒宜しくお願い致します。

◆明智光秀役:平野良コメント
2013年ぶりのるひまさんの年末のお祭り。しかも時代は誰もが滾る本能寺の変。一部のお芝居パートもお楽しみパートの二部も今までより人数を少なくし濃厚に作りたいと聞いた時は、よっしゃ!やったるぞ!と勇みました。ダブル主演の相方である安西慎太郎くんは以前から多方面から評判を聞き、また自分の目でも見ていつか共演してみたいなと思っていました。その矢先にお話が来て、もうこれは運命だと思いました。この運命の共闘を是非応援ご贔屓のほど宜しくお願いします。

◆織田信長役:安西慎太郎コメント
今年も年末シリーズがやってきました。ワクワクが止まりません。どんな作品が待っているのか楽しみです。そして今年はいつもとは違う構成ですので、また違った楽しみがあると思います。カンパニー全員で面白い作品を作ります。是非是非、年末は明治座へお越し下さい。お待ちしております。

◆演出:原田優一コメント
この度、演出という大きなミッションを頂戴しました原田優一です。また、個性的なキャスト・スタッフの皆様に集まっていただきまして、どのような世界を明治座の舞台に出現させようか今は私の頭の中でそのレシピを考えている最中です。とてもワクワクする作業ですが、同時にプレッシャーとも戦っている現在です。楽しみに待っていてくださるお客様の期待に添える舞台にしたいと思います。ご来場をお待ち申し上げております。

◆演出:原田優一コメント
この度、演出という大きなミッションを頂戴しました原田優一です。また、個性的なキャスト・スタッフの皆様に集まっていただきまして、どのような世界を明治座の舞台に出現させようか今は私の頭の中でそのレシピを考えている最中です。とてもワクワクする作業ですが、同時にプレッシャーとも戦っている現在です。楽しみに待っていてくださるお客様の期待に添える舞台にしたいと思います。ご来場をお待ち申し上げております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。