• HOME
  • ブログ
  • レポート
  • 【レポート】2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」第9幕『しあわせあわせ』本日開幕!
2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」第9幕『しあわせあわせ』

【レポート】2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」第9幕『しあわせあわせ』本日開幕!

2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」第9幕『しあわせあわせ』
2019年10月30日(水)ヒューリックホール東京(有楽町)にて、2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ 第9幕『しあわせあわせ』の幕が上がった。
「ツキウタ。」とは、1月~12月までの各月をイメージしたキャラクターたちが、それぞれの月をイメージした楽曲と物語を展開するシリーズCDのこと。
2.5次元に存在する架空の芸能事務所「ツキノ芸能プロダクション」に所属する、関東出身のアイドルユニット「Six Gravity(シックスグラビティー:通称グラビ)」と、関西出身の「Procellarum(プロセラルム:通称プロセラ)」のメンバーをメインでで構成されている。
その舞台版となるのが、この2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」だ。

9回目となる本公演では、「ツキノ芸能プロダクション」コンセプトショップ『TSUKIPRO SHOP in HARAJUKU』にて登場した『フェアリーテイルコレクション』の衣装に身を包んだ彼らが活躍する。
『フェアリーテイルコレクション』では、各ユニットごとにコンセプトが異なり、グラビは「ブレーメンの音楽隊」、プロセラは「長靴をはいた猫」のイメージとなっている。
また、第9幕ではSix GravityとProcellarumに加え、Seleasから伊地崎麗奈と天童院椿が初登場。
ここでは、本公演のゲネプロの様子を、写真(掲載数35枚)と共にお届けしよう。

尚、本稿では第1幕(芝居パート)のストーリーのネタバレがあるので、ネタバレが苦手な方は注意していただきたい。

【story】
プロモーションの一環で、昨年のツキプロ原宿ショップでの企画、童話をモチーフにした『フェアリーテイルコレクション』衣装に再び袖を通すこととなったSix Gravity、Procellarumのメンバーたち。
賑やかで楽しい撮影は、順調に進んでいく。
無事に撮影終了かと思われたその時、本当に童話の世界からやってきたという別の世界の伊地崎麗奈と天童院椿……黒魔女、白魔女コンビがやってきて!?

しあわせのこたえあわせをしよう。

第1幕の芝居パート冒頭、黒猫魔女の麗奈と白猫魔女の椿が、白雪姫やシンデレラといった童話のストーリーについて話しながら登場。2人は、童話の最後はいつも「めでたし、めでたし」で終わる事に疑問を持つ。幸せの条件は何か、「めでたし、めでたし」は、誰のものなのかと問いかける。

2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」第9幕『しあわせあわせ』
2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」第9幕『しあわせあわせ』
場面が変わり、『フェアリーテイルコレクション』の衣装で撮影中のグラビとプロセラ。
こちらでも話題は、衣装のモチーフになった童話について。童話のタイトルと内容が合っていない「タイトル詐欺」だと話していると、その流れで新が、前に春と観に行った映画が「タイトル詐欺」もとい「煽り文詐欺」だったという話を始めた。

2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」第9幕『しあわせあわせ』
メンバーたちが談笑していると突然、ドアが強く光り、隼が「道がつながった」ことを告げる。
光りの中から現れたのは、幸せの定義を探るべく童話世界(別世界)からやって来た、黒猫魔女の伊地崎麗奈と白猫魔女の天童院椿だった。童話世界と縁のある事をすると道が繋がるようで、どうやら撮影中の『フェアリーテイルコレクション』の“フェアリーテイル”という部分だけでも、彼女らの世界と繋がったとの事。
今回はグラビとプロセラが異世界に行くのではなく、異世界からの逆「すってんころりん」バージョンだ。

2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」第9幕『しあわせあわせ』
2人の魔女は幸せ探しの答えを求めて、グラビとプロセラに密着取材をする事を決めた。
悪者の象徴とされる「魔女」に、「めでたし、めでたし」はあるのか、そして「めでたし、めでたし」を望んではいけないのか、幸せとその答えを探して――。

グラビとプロセラのメンバーたちも、自分の「幸せの定義」とは何か、考え、見つけようと話し合う。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。