刀剣乱舞

舞台『刀剣乱舞』大盛り上がりのイベント@渋谷パルコ、そして2016年冬に早くも再演決定!

舞台『刀剣乱舞』大盛り上がりのイベント@渋谷パルコ、
そして2016年冬に早くも再演決定!

小雨がなんとか上がった2016年7月15日の金曜、20時10分過ぎから、渋谷パルコ パート1 1F・公園通り側入口店頭 にて舞台『刀剣乱舞』衣裳展のスペシャルイベントが行われた。登場したのは三日月宗近役の鈴木拡樹、 山姥切国広役の荒牧慶彦、 宗三左文字役の佐々木喜英、 江雪左文字役の輝馬、 小夜左文字役の納谷健 、へし切長谷部役の和田雅成の計6振りの刀剣男士、MCは明智光秀役の窪寺昭が務めた。まずは、窪寺が1人ずつ紹介すると、順番に激しい殺陣を披露、もちろん、決め台詞を言う、という趣向に朝早くから並んで抽選券をゲットした幸運のファンおよそ150名から大きな歓声と声援と絶叫が!「キャー」「かっこいい!」「ヤバい〜」とひっきりなしに声が飛んだ。そして一通り殺陣が終わり、改めて全員が舞台にあがった。前日の同時刻は激しい大雨だったので、この日はある意味”ラッキー”DAY、MCの窪寺が観客に向かって「皆さん、晴れ女ですか〜」と声をかけた。皆、徹底したキャラで、ここでちょっとアドリブが、鈴木拡樹が、いや三日月宗近がマイクを手にして「おお〜これは声を大きくしてくれるのか」とまさかのマイペース発言で会場は大いに沸いた。

それから1人ずつ台詞を言って自己紹介をしたが、そのたびに大きな歓声が起った。それからMCから刀剣男士たちに質問をしたが、皆に同じ質問をした訳ではなく、ちょっとずつ変えてのクエスチョン。舞台を終えての感想で、鈴木拡樹は座長らしく「やっと新しいコンテンツが進み始めたなと。こんなに早くにいいカンパニーが生まれるんだな、と。舞台版はゲームでは見られないような一振り一振りを見せられるのではないかと思います」と答えた。荒牧慶彦への質問は役が決まった時の感想で「なんでマント被ってるのかな?と、でも布の翻りを生かせればと思った」と答えたが、そのマントさばきは、なかなかのものであった。佐々木喜英への質問は”役作り”で「ゲームをやり込もうと。でも終わってからもずっとゲームやってる」と役作りを超えてしまった様子。輝馬にはキャラクタービジュアル撮影に関する質問で超ロングヘアーについて言及「いい武器として使えた、いえ、これで戦う訳じゃなくって」個性あふれるロングヘアーがビジュアルとしてインパクトがあったことに触れた。納谷健 は「先輩方に可愛がってもらいたくて、素直な気持ちでいられた」発言に観客から「可愛い〜」の声がかかり、ちょっと照れ気味。和田雅成はアドリブのことを聞かれ「あんなはずじゃなかった(笑)。俺がボケた後にマキ(荒牧慶彦)に全部持っていかれた(笑)」のコメントに会場から笑いがおこった。

観客へのメッセージでは輝馬が壮大なコメント「宇宙へ羽ばたけるように頑張ります!」と世界を超えて”宇宙での上演”(!?)を目標に掲げ、またまた会場から笑いがおこった。最後に鈴木拡樹が「イベントという形で皆さんに会えて嬉しいです。再演も決まっています」と発言、会場がざわめいた(フライング発言)。そして、最後にMCの窪寺昭と鈴木拡樹が残り、改めて再演を発表!2016年の冬、会場から大きな歓声がおこり、鈴木拡樹、三日月宗近は「よきかな、よきかな」と舞台を後にして、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

刀剣乱舞

刀剣乱舞

刀剣乱舞

刀剣乱舞

刀剣乱舞

【公演データ】
舞台『刀剣乱舞』 虚伝 燃ゆる本能寺
2016年 冬
原案: 「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
脚本・演出:末満健一

公式サイト:http://www.marv.jp/special/toukenranbu/

©舞台『刀剣乱舞』製作委員会

■舞台『刀剣乱舞』過去リリース情報
https://25news.jp/?p=2347
https://25news.jp/?p=4423
https://25news.jp/?p=4193
https://25news.jp/?p=3683
https://25news.jp/?p=1343
https://25news.jp/?p=1627
https://25news.jp/?p=1177
https://25news.jp/?p=1592
https://25news.jp/?p=1331
https://25news.jp/?p=191

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。