• HOME
  • ブログ
  • 三度目に描かれる世界は―― 音楽劇 「黒と白 -purgatorium-」第 3 幕の上演が決定!
音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」

三度目に描かれる世界は―― 音楽劇 「黒と白 -purgatorium-」第 3 幕の上演が決定!

音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」
2021 年 6 月に上演!

アニメ、声優番組、グッズ、2.5 次元舞台などの制作を手掛ける株式会社ムービックと、舞台、アーティストライブ、落語・古典芸能など幅広い企画を手掛ける株式会社サンライズプロモーション東京は、音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」(読み:くろとしろ ぷるがとりうむ あもろーそ)を 2021 年 6 月に東京ドームシティ シアターG ロッソにて上演することを発表いたしました。

本舞台は 2020 年 2 月に日本青年館で上演された音楽劇「黒と白 -purgatorium-」、2020 年 11 月にヒューリックホール東京で上演された音楽劇「黒と白 -purgatorium- ad libitum」に続く、シリーズ三作目の舞台となります。

出演は岩永徹也さん、平井雄基さんを中心に、若手俳優陣が顔を揃えます。
また、今後新たに追加となる出演者も予定しております。続報にご期待ください。

公演概要

音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」
2021 年 6 月上演予定

【会場】
東京ドームシティ シアターG ロッソ(〒112-8575 東京都文京区後楽 1-3-61)
【公演スケジュール】
後日発表


【出演】
音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」

傲慢(ルシフェル):岩永徹也

音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」

奇跡 (ミカエル):平井雄基

音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」

色欲(アスモデウス):塩澤英真

音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」

嫉妬(レヴィアタン):須賀京介

音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」

強欲(マモン):五十嵐拓人

音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」

暴食(ベルゼブブ):石川竜太郎

音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」

寛容(ガブリエル):千葉瑞己

音楽劇「黒と白 -purgatorium- amoroso」

破滅(アバドン):吉田知央


ほか


【音楽劇「黒と白 -purgatorium-」世界観】
あるとき創造主は、不完全な世界(人)を壊して、作り直すことを決める。
その決定に異を唱えた天使たちは、『黒』の烙印を押され、翼を奪われて不完全な世界(人)に堕とされるのだった。
「世界(人)を見捨て天に帰ろう」と『白』の天使たちは、かつての友や兄弟を誘う。
しかし『黒』の天使たちは、人としての生を何度も繰り返しながら、首を振り続けるのだった。
不完全なものだからこそ、世界(人)はこんなに美しいのだ、と。
これは、ここではないどこかで繰り広げられる、世界(人)と、黒と、白の物語。
黒と白の間で、人の子は今日も踊る。

<公式サイト>
https://www.kuro-shiro.com/
<公式ツイッター>
@kuroshiro_2020

※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等はすべて架空のものであり、実在のものとは一切関係ありません。

(C) KSPA 製作委員会

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。