• HOME
  • ブログ
  • 【オフィシャルレポート】ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』キャスト8名登場!歌唱披露会レポート到着!
ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』

【オフィシャルレポート】ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』キャスト8名登場!歌唱披露会レポート到着!

本番衣裳を初披露!

韓国で大ヒットを記録し、9月9日(木)より待望の日本初演が開幕する、ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』。公演初日まで2週間となった8月26日(木)に、マスコミに向けて、初披露の本番衣裳を着用したメインキャスト8名による歌唱披露会が行われた。またその後の質疑応答では、演出の白井晃も加わり、この作品のテーマや、白熱する稽古の様子をたっぷりと語った。

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』は、19世紀末にロンドンで起こった、未解決連続殺人事件とその犯人・通称“ジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)”をモチーフにチェコで創作された。それを原作に韓国独自のアレンジが施され、2009年の初演以来多くの観客に愛される大人気演目となり、今秋ついに待望の日本演出版、初上演を迎える。

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』今回は、ダニエル役の木村達成・小野賢章、アンダーソン役とジャック役の加藤和樹、アンダーソン役の松下優也、ジャック役の堂珍嘉邦(CHEMISTRY)、グロリア役のMay’n、ポリー役のエリアンナ、モンロー役の田代万里生が、本番同様の衣裳を着用し、劇中のミュージカルナンバーを、6曲披露した。
重厚なコーラスが特徴的な楽曲が多い本作。今回の歌唱披露でも、出演キャストによるコーラスを録音した音楽が使用されており、本番さながらのパフォーマンスとなった。

<歌唱披露曲目>
①「最後のチャンス」:ダニエル役 小野賢章&アンダーソン役 加藤和樹&モンロー役 田代万里生
②「もしかしたら」:ダニエル役 木村達成&グロリア役 May’n
③「特ダネ」:モンロー役 田代万里生
④「捨てられたこの街に」:ポリー役 エリアンナ
⑤「俺はこの街が嫌いだ」:アンダーソン役 松下優也
⑥「こんな夜が俺は好き」:ジャック役 加藤和樹&ジャック役 堂珍嘉邦

2週間後に初日を控えたキャストたちは、ここまで約一か月の稽古で深めた各役への想いを、魅惑的な音楽にのせて作品の世界観を体現した。

また、今回初披露された本番衣裳は、19世紀末ロンドンの華やかだがどこか陰のある雰囲気が醸し出され、作品全体の世界観に期待が高まる。初日に向けて衣裳・ヘアメイクはまだ進化する予定とのこと。

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』

左より:田代万里生(モンロー役)、小野賢章(ダニエル役)、加藤和樹(アンダーソン役)

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』

小野賢章(ダニエル役)

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』

加藤和樹(アンダーソン役)

ダニエル役 小野賢章、アンダーソン役 加藤和樹、モンロー役 田代万里生によって披露された「最後のチャンス」は、犯人を知っていると証言するダニエルと刑事・アンダーソン、新聞記者・モンローが、殺人鬼・ジャックの逮捕に向けて、おとり捜査を計画する際の曲。殺人事件に心を痛めるダニエルの繊細さ、犯人逮捕に躍起になるアンダーソンの力強さ、二人を煽るモンローの高揚感を音楽にのせて描き出し、同時に3人の畳みかけるような掛け合いの芝居の面白さも味わえた。

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』

木村達成(ダニエル役)

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』

木村達成(ダニエル役)× May’n(グロリア)

ダニエル役 木村達成とグロリア役 May’nは、「もしかしたら」を披露。
出逢ってすぐに惹かれ合う、ダニエルとグロリアのラブ・デュエット。木村とMay‘nは、のびやかで透明感のあるハーモニーを美しいメロディにのせ、恋の甘酸っぱさとひとかけらの不安、未来への希望を見事に表現した。

ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』

田代万里生(モンロー役)

モンロー役 田代万里生は、「特ダネ」を披露した。
おとり捜査が実行されるスクープを掴んだ新聞記者・モンローが、ついに連続殺人鬼逮捕の特ダネが出せることを、記者たちとともに高らかに歌う一曲。田代は、スクープのためには手段を厭わないモンローの、世間を動かすことへの強い欲望を歌で表現し、初日への期待は十分だ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。