舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」植田圭輔さん×磯野 大さん

【インタビュー】舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」植田圭輔さん×磯野 大さん

「文豪ストレイドッグス」は、2013年にヤングエースにて朝霧カフカ(原作)・春河35(漫画)により連載が開始された、架空の都市[ヨコハマ]で繰り広げる異能力バトルアクション漫画で、シリーズ累計1000万部を突破する大ヒット作品です。

舞台化シリーズは、2017年12月上演の舞台「文豪ストレイドッグス」を皮切りに、様々なキャラクターと時代にスポットを当てたエピソードを次々に上演。
2021年10月には6作目となる「太宰、中也、十五歳」を上演し、現在より溯ること七年前、十五歳の中原中也と太宰治が出会いを果たした、のちに“双黒”と裏社会にその名を轟かすふたりの“青の物語”が描かれました。
そして7作目となる今作では、前作「太宰、中也、十五歳」で描かれた「荒覇吐事件」から一年後の物語、小説を原作とした「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」が上演されます。

この度、中原中也 役:植田圭輔さん、アダム・フランケンシュタイン役:磯野 大さんに独占インタビューを実施。
役との向き合い方や、お互いの印象など、本作への意気込みを伺いました。

最後に直筆サイン入りチェキのプレゼントもあるので、奮ってご応募ください!

中原中也 役:植田圭輔さん×アダム・フランケンシュタイン役:磯野 大さん インタビュー

舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」植田圭輔さん×磯野 大さん

左から:磯野 大さん、植田圭輔さん

植田さんからお伺いしたいのですが、前作の「太宰、中也、十五歳」を改めて振り返ってみていかがでしょうか。

植田:僕が演じる中原中也の過去が語られるのは、前作が初めてでした。アニメでの「十五歳編」は、第3シーズンの冒頭を飾る印象的な話だったので、僕がこのシリーズに中也として出演させて頂いている中で「太宰、中也、十五歳」が出来て本当に幸せで、嬉しかったです。
前しか見てないような、尖っていて青臭い、そんな一番男の子らしい頃の中也を演じられたので、今作品では前作で自分がやってきたことが反映されるんじゃないかなと。

これまでの公演と前作とでは、役との向き合い方で変わったところはありますか?

植田:変わったところは全くなくて。仲間を想う気持ちや、太宰を嫌っていたり、常に男らしいところは一貫しています。「太宰、中也、十五歳」で中也のルーツがどんどん明らかになって、それを経て、今の中也になる。なので、これまでと変わらない向き合い方で演じました。
舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」植田圭輔さん×磯野 大さん

磯野さんは文ステ初参加となりますが、出演が決まった時のお気持ちをお聞かせください。

磯野:沢山の人に愛されている人気作品なので、出演が決まった時は嬉しさが大きかったです。それと同時にプレッシャーも感じていて。これまでのキャストの皆さんが作り上げてきたものでもあるので、新しい刺激を与えられるように頑張りたいと思います。

これまでの作品はご覧になりましたか?

磯野:1作目から観させていただいて、特に太宰 治が入水するシーンの演出に度肝を抜かれました。こんなやり方があるんだなと。演出も面白いですし、役者の皆さんも達者な方が多いので、文ステの世界に引き込まれました。
原作がとにかく素晴らしいですし、世界観、演出、役者の相乗効果がこれだけ愛される作品を作り続けているパワーなのでは?と感じています。
その中でも、植田さんが演じる中也は「本物の中也だ!」と一目見た時に思いました。今回、目の前でその演技が見られて、一緒に舞台に立たせていただいているので本当に有難く思っています。沢山からませていただくので、今から楽しみで仕方ないですし、尊敬の気持ちを持って頑張っていきたいと思います!

それでは、実際にお会いされて、改めて感じたお互いの第一印象をお伺いしてもよろしいでしょうか?

植田:大くんの第一印象はすごく良かったです。お芝居が好きなんだなと、準備の仕方や初回の読み合わせで思いました。演じる役のアダムは映像化もされていないので、役者がオリジナリティーを出せるキャラクターでもあるのですが、そこがプレッシャーになる可能性もあるかと思います。その上、難しい台詞回しなど文スト・文ステらしさがあるにも関わらず、それをものともしない感じで喋っていたので、めちゃくちゃ期待度が高まりました。

磯野:その期待を超えられるように頑張ります。植田さんの印象は、「植田さんって実在するんだ!」って思いました(笑)
凄く素敵で優しいですし、胸を借りる気持ちで、僕も全力で挑ませていただきます。
舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」植田圭輔さん×磯野 大さん

今作ではお二人が絡むシーンが多くなると思いますが、共演するうえで楽しみにしていることはありますか?

植田:二人のシーンは面白いところが多いんですよね。アダムは機械といえど、凄く精巧に造られていて、その辺の人間よりも人間っぽさがある。でも機械だからこそ、答えの割り出し方だったり、会話の持っていき方が妙にズレていて。中也がそこのズレに対して突っ込んだりするやり取りが結構あるので楽しみです。

磯野:アダムはアンドロイドならではの純粋さがあり、だからこそちょっと周囲に馴染めなかったりします。作中でいかにその純粋さで中也をイライラさせられるかが、鍵になるかなと思っています。あとは、なんと言っても作中の中也が格好いいので、そこにも大注目していただければと思います。

今作で特に力を入れたいと考えている点はありますか?

植田:中也がどう生きてきて、どういうふうに感じたか……そこは大事にしたいですね。自身が人間か否か、という問いに翻弄されながらも答えを見つけて信じたいものを信じる。中也は最初から良い意味で矛盾しているんですよね。自分が人間かどうかの答えを探す話の中でも、中也はとても仲間想いで、信じたくないものは信じなかったり、一番人間らしいんです。でも、そういうことを機械のアダムに教えてもらったりすることが多々あって。人間らしさの表現、そういったバランスが絶妙だなと。人間かどうかは別に大事なことではないんじゃないかと、観ている人に対して発信していく。そうした「作品の持つメッセージ性」を大切にしたいです。物語の端々から得られるそうしたメッセージを、まずは自分がキャッチして、ちゃんと客席へ飛ばせるように準備をしていきたいです。

磯野:圧倒的な台詞量なので、自分自身がアダムの言葉をしっかり理解できていないとお客様には伝わらないと思うので、そこをしっかり整理整頓していきたいです。まだ稽古が始まったばかりで言葉が整理しきっていないんですけど、折角の台詞の面白さが半減しないように、お芝居を磨いて自分にアダムが完全に憑依するように徹底的に役作りをしていきたいです。
舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」植田圭輔さん×磯野 大さん

稽古の様子はいかがでしょうか。

植田:途中から稽古に合流するんですが、ひとりでできる準備はやってきているので、皆さんの動きを見ながらこれから合わせていきたいと思います。

磯野:僕は初日から皆勤賞で稽古をやらせていただいております。中屋敷さんが最初から最後までの流れをなんとなくですが掴ませてくれたので、これからどんどんブラッシュアップしていく感じになるかと思います。
皆さんストイックで、やる気に満ちていて素敵な座組だと感じています。

最後に、本作への意気込みとファンの皆さんにメッセージをお願いします。

植田:中原中也がど真ん中でメインになるような話を自分がやらせていただけるなんて、正直夢にも思っていなかったので、その責務を全うしたいと思います。文豪ストレイドッグスは中島敦が主人公の作品であり、鳥越裕貴がずっと守ってきた現場でもあるので、そのバトンをしっかりと受け止められるように頑張らないといけないなと。
いま、コロナで世の中が変わって大変な思いをしている人は結構多いと思うんです。仕事するにしても生きていくにしても、他人からの評価を必要以上に気にしてしまう時代かもしれないと思います。そんな今だからこそ、この作品は「自分らしさを決めるのは自分なんだよ」という、テーマを持つと思います。そのテーマをしっかり届けられたら、役者として自分たちが辿り着きたい、もっと高いところに行けると思うので、精一杯頑張りたいです。よろしくお願いします。

磯野:植田さんの話を聞いていてもひしひしと感じているのですが、本当に沢山の人に愛されて、大切に紡がれてきた作品なので、その責任を全うして、お客様に最高の形でお届けできるよう頑張っていきたいと思います。是非劇場で、そして配信でご覧いただきたいです。楽しみにお待ちください。
舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」植田圭輔さん×磯野 大さん

舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」植田圭輔さん×磯野 大さん

舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」植田圭輔さん×磯野 大さん

今回インタビューをさせていただいた、植田圭輔さん×磯野 大さんの直筆サイン入りチェキを抽選で3名様にプレゼント!
舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」植田圭輔さん×磯野 大さんチェキの応募方法は2.5newsのTwitterをフォローし、対象ツイートをRTをするだけ!
応募締め切りは2022年6月24日(金)23時59分です!沢山のご応募お待ちしております!

※サイン入りチェキは当選者1名様につき1枚とし、TwitterのDMにて当選された方にのみ、ご連絡いたします。
※仕様上2.5newsのTwitterのアカウントをフォローして頂かない場合はDMが送れませんのでご注意ください。
※DM送信後は48時間以内にご連絡が無い場合、当選は無効といたします。

公演概要

舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」タイトル:舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」

原作:角川ビーンズ文庫「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」
脚本・演出:中屋敷法仁
協力:朝霧カフカ・春河35

出演
植田圭輔
佐々木喜英 磯野 大 伊崎龍次郎
加藤ひろたか 田淵累生 根本正勝
久保田悠来

岡村 樹/黒須育海/山中啓伍/小林らら/美守 桃/よし乃

声の出演
細貝 圭
橋本祥平

音楽:岩崎 琢 振付:スズキ拓朗(チャイロイプリン/コンドルズ)
美術:中西紀恵 照明:吉枝康幸 音響:吉田可奈 映像:荒川ヒロキ 衣裳:前岡直子 ヘアメイク:古橋香奈子 殺陣:六本木康弘
演出助手:溝端理恵子 舞台監督:川除 学/今村智宏 宣伝美術:水野沙弥香(Gene & Fred) 宣伝写真:上村可織(Un.inc)
WEB 制作:Gene & Fred 宣伝:ディップス・プラネット 音楽制作:ランティス

企画:舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会
制作:バンダイナムコミュージックライブ/ゴーチ・ブラザーズ

【東京公演】 2022 年 6 月 24 日(金)~27 日(月)
会場:日本青年館ホール
主催:舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会
お問合せ:インフォメーションデスク https://information-desk.info/

【大阪公演】 2022 年 7 月 2 日(土)~3 日(日)
会場:東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール
主催:サンライズプロモーション大阪
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888 (11:00~16:00/日祝休業)

【チケット情報】
チケット料金:全席指定 10,800 円(税込) ※未就学児入場不可

【ライブ配信】
配信チケット販売ページはこちら ▶
https://mxj.myanimelist.net/live/bungoustraydogs/

【配信公演】
東京公演
①2022年6月26日(日)12:00公演 ※全景配信※
 映像内容:カメラ1台による定点収録映像です。
②2022年6月26日(日)17:00公演 ※スイッチング配信※
 映像内容:複数カメラによる切り替え映像です。

大阪公演
③2022年7月3日(日)12:00公演 ※スペシャル“兄弟”配信※
 映像内容:複数カメラによる特殊演出映像です。
④2022年7月3日(日)17:00公演 ※大千穐楽スイッチング配信※
 映像内容:大千穐楽公演オリジナルの、複数カメラによる切り替え映像です。

【配信料金】
①全景配信:2,700円(税込)
②④スイッチング配信:4,000円(税込)
③スペシャル“兄弟”配信:4,200円(税込)
※手数料等が発生する場合がございます。詳細は販売先をご確認ください。

公式サイト http://bungo-stage.com/
公式Twitter https://twitter.com/bungo_stage

©舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。