• HOME
  • ブログ
  • 【レポート】主演・岡宮来夢!ミュージカル『ファンタスティックス』が開幕!
ミュージカル『ファンタスティックス』

【レポート】主演・岡宮来夢!ミュージカル『ファンタスティックス』が開幕!

2022年10月23日(日)日比谷シアタークリエにて、ミュージカル『ファンタスティックス』が開幕。

1960年オフブロードウェイで初演したミュージカル『The Fantasticks』。42年もの間オフブロードウェイで上演を続け、米国におけるミュージカル最長連続上演を記録。1992年には長年の上演に対しトニー名誉表彰を受けました。
これまで67か国以上で上演され、日本では1967年、東宝創立35周年記念東宝ミュージカル特別公演として菊田一夫が製作を手掛け、芸術座で日本初演されました。それから55年の時を経て、東宝ミュージカルの次世代を担う実力派演出家上田一豪の新演出により、芸術座のDNAを受け継ぐシアタークリエにて装いを新たに上演されます。

ミュージカル『刀剣乱舞』、『王家の紋章』などで活躍目覚ましい岡宮来夢が、本作で東宝ミュージカル単独初主演を飾ります。
岡宮来夢演じる若者マットと隣人で恋仲にあるルイーザ役に、ミュージカル『アニー』主演のアニー役でデビューし、その後数々のミュージカルでヒロインを務め、この夏話題の舞台『呪術廻戦』への出演も控える豊原江理佳。
ルイーザの父親ベロミー役に、劇団四季出身で、『レ・ミゼラブル』での硬派な役から『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』での三枚目役まで演じ分け、ミュージカル界に欠かせない実力派、今拓哉。
マットの父親ハックルビー役に、お笑い芸人でありながら、『レ・ミゼラブル』テナルディエ役で本格ミュージカル俳優としても活躍するトレンディエンジェル・斎藤司。
父親たちの計画により雇われる老俳優ヘンリーを、蜷川幸雄、ジョン・ケアードら巨匠からその演技力を高く評価され、舞台・ドラマ・映画で幅広く活躍する青山達三。旅芸人モーティマー役を本作がミュージカル初出演となるアンガールズの山根良顕が演じます。
物語を見守るミュート(黙者)を務めるのは俳優でダンサーの植田崇幸。
そして登場人物たちを時に翻弄し、導く流れ者、エル・ガヨ役は元宝塚歌劇団星組男役スターで退団後本作が初ミュージカル出演となる愛月ひかるが演じ、新しい『The Fantasticks』の世界をつくりあげます。

本稿では、公演に先駆けて行われた囲み会見とゲネプロの様子をお届けします。

囲み取材 登壇者コメント

ミュージカル『ファンタスティックス』

マット役:岡宮来夢

マットは自分のことを過大評価していて、大人だと思い込んでいて大きいことを言う割には何も出来ないみたいな所が凄く愛くるしくて、大好きです。マットと一緒にいると、自分もこれから頑張っていかなきゃと思います。世界中にマットを演じてきた方が沢山いらっしゃるので、僕ならではのマットを出せたら嬉しいなと思います。

ルイーザ役:豊原江理佳

ルイーザは、自分は特別な女の子で、すごく幸せで、ハッピーエンドを迎えられる。そういうふうに信じて生きている女の子だと思います。観に来ていただいた方にも、自分もそういう時があったなとか共感していただきたいです。舞台に立ってみて、舞台セットやバンドの方々と一緒に魔法がかかったと私も実感していますので、劇場に来ていただいた方も一緒に魔法にかかっていただけたら。忙しない毎日ですけど、自分の人生や幸せや愛について、考えてもらえる時間になったらいいなと思います。

ベロミー役:今 拓哉

『ファンタスティックス』という作品はニューヨークでも観ていますし、日本でも何回も観ていました。本当に大好きな作品です。物語はシンプルなんですけども、客席と一緒に作っていく物語なので、客席の人数分だけ『ファンタスティックス』の世界が楽しめるとても素敵な作品だと思います。大好きな作品に出られて、こんなに可愛い娘の父親役で嬉しいですし、今は愛しかありません。愛をいっぱい届けて、愛をいっぱい貰って、素敵な時間にしたいです。

ハックルビー役:斎藤 司(トレンディエンジェル)

この役は、うちの父がやっていた役です。すいません、父は会社員でした(笑)。ブラット・ピットやジョージ・クルーニーもやりたいと言っていた役らしいですね。本当に厳格な元海軍育ちという役柄で、私は横断報道でおばあさんを助けてしまうほどの気の弱さと優しさがありますので、そこのギャップで役作りがすごく大変でした。ですが、今回は心を鬼にして、マットをしっかりと自分の手の上で転がせるように演じさせていただきたいなと思います。よろしくお願いします。

ミュート役:植田崇幸

台詞が一切ないのですが、その分スタイリッシュに、舞台上で所狭しと一生懸命働いておりますので、そこにも注目していただきたいと思います。手作り感満載のあたたかいミュージカルですので、1人でも多くのお客様に観ていただきたいと思います。よろしくお願いします。

ヘンリー役:青山達三

老いさらばえたシェイクスピア俳優というふうに言われていますので、シェイクスピアの言葉も喋ったりします。それを懐かしんで言うのではなく、今を精一杯に生きるおじいさん、というふうに演じたいと思っています。頑張りたいと思います、よろしくお願いします。

モーティマー役:山根良顕(アンガールズ)

ミュージカルが初めてなのですが、開幕して“日本のジョニー・デップ”と呼ばれるように宣伝していただきたいなと(笑)。頑張って演じようと思います、よろしくお願いします。

エル・ガヨ役:愛月ひかる

ずっと男性が演じてきた役をやらせていただけるということで、お芝居に彩が増えたらなと思って演じております。皆様に人として魅力的に思っていただけるように、役作りをしていきます、頑張ります。

ミュージカル『ファンタスティックス』この他、東宝ミュージカルで単独初主演となる岡宮の意気込みや、宝塚退団後初ミュージカル出演となる愛月のコメント、そしてファンタスティックなエピソードなど、賑やかな囲み会見の様子を動画にてお届け!

↓↓岡宮来夢、東宝ミュージカル単独初主演に意気込み!!ミュージカル『ファンタスティックス』囲み取材映像

↓↓ゲネプロダイジェスト映像


ゲネプロの様子

ミュージカル『ファンタスティックス』ミュージカル『ファンタスティックス』隣同士に住んでいる若いマット(岡宮来夢)とルイーザ(豊原江理佳)は、恋人同士。ルイーザの父・ベロミー(今拓哉)とマットの父・ハックルビー(斎藤司)が仲を引き裂こうと築いた壁越しに、二人は日々語らい、将来を誓い合っている。
ミュージカル『ファンタスティックス』ミュージカル『ファンタスティックス』そこへ現れたのは、怪しげな流れ者のエル・ガヨ(愛月ひかる)、老俳優のヘンリー(青山達三)、旅芸人のモーティマー(山根良顕)。彼らの秘密の企みによって、幸せだったはずの二人の関係は少しずつ変化していって……

これは、誰もが経験する、恋と、人生の、ほろ苦い物語。

ミュージカル『ファンタスティックス』

ミュージカル『ファンタスティックス』

ミュージカル『ファンタスティックス』

ミュージカル『ファンタスティックス』

ミュージカル『ファンタスティックス』
『シラノ・ド・ベルジュラック』などで知られる仏劇作家エドモン・ロスタンの韻文劇『レ・ロマネスク』をもとに、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』『真夏の夜の夢』のエッセンスを織り交ぜたストーリーはロマンティックかつ普遍的で、誰もが経験する恋と人生の物語。米初演から60年以上経過した今なお私たちに多くのメッセージを投げかける、不朽の名作です。

公演概要

ミュージカル『ファンタスティックス』

2022年10月23日(日)~11月14日(月)
日比谷シアタークリエ

出演
岡宮来夢 豊原江理佳 今拓哉 斎藤司 植田崇幸 青山達三 山根良顕/愛月ひかる

台本・詞 トム・ジョーンズ
音楽 ハーヴィー・シュミット

翻訳・訳詞・演出 上田一豪

音楽監督 江草啓太
振付 北尾 亘/美木マサオ
アクション 渥美 博
美術 竹邊奈津子
照明 中川隆一
音響 高橋秀雄
衣裳 中原幸子
ヘアメイク 井上京子
歌唱指導 市川祐子
稽古ピアノ 伊藤祥子/中條純子
演出助手 國武逸郎
舞台監督 長坂公介
制作協力 ゴーチ・ブラザーズ
制作 横田梓水/沖 真裕子
制作助手 齋藤結衣
プロデューサー 白石朋子

製作:東宝株式会社

作品公式HP https://www.tohostage.com/fantasticks/
Twitter https://twitter.com/the_fantasticks

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。