• HOME
  • ブログ
  • 【オフィシャルインタビュー】映画『犬、回転して、逃げる』映画初主演の長妻怜央が「シュール」かつ「おとぼけ」全開のキャラクターを演じる
映画『犬、回転して、逃げる』

【オフィシャルインタビュー】映画『犬、回転して、逃げる』映画初主演の長妻怜央が「シュール」かつ「おとぼけ」全開のキャラクターを演じる

関西で絶大な人気を誇る劇団「ヨーロッパ企画」出身の西垣匡基監督の長編映画初監督作品で、映画初主演となる人気グループ「7ORDER」のメンバー・長妻怜央と、AKB48 元メンバーの宮澤佐江らが「シュール」かつ「おとぼけ」全開のキャラクターを演じる映画『犬、回転して、逃げる』が 3 月 17 日(金)よりシネ・リーブル池袋、シネ・リーブル梅田ほかにて全国順次公開される。

この度、公開を前に、主演の長妻怜央のオフィシャルインタビューが届いた。

映画『犬、回転して、逃げる』・脚本を読んでどう思われましたか?
シュールな話だなと思いました。色んな物語が入り乱れているけれど、どこか繋がっている不思議な話だと思いました。

・西垣匡基監督は、実際にご一緒して、いかがでしたか?
7ORDER のメンバーの阿部顕嵐がドラマでお仕事をさせていただいたことがあって、「不思議な人だよ」とは聞いていて、楽しみにしていたんですけど、本当に不思議な人でした。撮影中もその場でのアイデアを言っていただいて、楽しい方でした。撮影中に、驚くお芝居や転ぶところがすごくよかったと言われて、「そこ?」と。(笑)

・何を大事に演じましたか?
アグレッシブにお芝居をすることも考えたんですけど、個性的なキャラクターがたくさんいるので、その中で自分の役割として、犬に対しての気持ちを大事にして、自分は余計なことはしないでおこうというのを意識していました。

・コメディを演じる上で、注意したことはありますか?
「これ、面白いでしょう?」ってやるのはやめようと思いました。バラエティとかを見ていても、わかりやすいものよりも、ハプニングだとかの方が面白いのって、素だからかなと思うので、無理に面白くしようとしないようにしました。

映画『犬、回転して、逃げる』・泥棒に入るシーンは、演じていていかがでしたか?
ドキドキしました。撮影前にちょっと時間があったので、家のセットを美術さんが準備しているところも見せていただいたんですけど、トラックで全部用意していたので、凝っていてすごいなって改めて思いました。

・下着の森を通るシーンはいかがでしたか?
あれは気持ちよかったですね!なかなかあんなに下着に巡り合うことはないので!(笑)こっそり持って帰ろうかなって!(笑)鼻血が出そうでした!

映画『犬、回転して、逃げる』・宮澤佐江さんとの共演はいかがでしたか?
女性と共演するってなかなかなかったので、ドキドキして現場で話していました。すごくフラットな方で、周りの人に聞いたら、「あの人はめちゃくちゃ人格者だ」って絶賛していらっしゃって、確かにそうだなと思いました。

・なだぎ武さんは、共演していかがでしたか?
なだぎさんは舞台とかでいろんなお芝居を見させていただいていて、お芝居が自然で上手だなと思っていたんですけど、一緒にお芝居させていただいて、そこにコメディ要素を入れるのがすごく上手だなって思いました。
ご一緒したシーンは、もっとふざけたテイクとかも撮ったので、それもどこかで使ってもらえるといいですね!

・犬のななちゃんとの共演はいかがでしたか?
柴犬ってデカいイメージだったんですけど、小柄で、ちゃんと毛も手入れされていて、見た目からもプロだなと改めて感じました。可愛いんですけど、犬の匂いがしました。(笑)
ななちゃんは言うことをめっちゃ聞くんです。走っていって、一回転ぐるって回って、逃げるっていうシーンがあるんです。それが「犬、回転して、逃げる」って題名にもなっているので、めっちゃ大事なシーンだったと思うんですけど、完璧でした。3 テイクくらいでやっていました。改めてすごいなと思いました。

・犬に甘えるような演技などは、加減が難しかったかと思いますが、監督から細かい指示があったんですか?
とにかく“ウリウリ”してくれ、と言われたんで、とにかく“ウリウリ”しました。映像を見たらすごく嫌がっていましたね。(笑)その関係がすごくよかったです。

映画『犬、回転して、逃げる』・本作のおすすめポイントはどこだと思いますか?
映画を観るのって、ドキドキしたりハラハラするので、体力がいることが多いと思うんです。僕は結構感情移入しやすいので、「僕だったらどうするかな?」とか、「辛いな〜」だとか思うんですが、本作はそういうのは全然なく、何も考えずに観れるというのが、おすすめポイントです。でも「人生にとって大事なものってあるな」って感じるので、後々じわじわきます!

・読者にメッセージをお願いします。
映画が始まったら、頭を空っぽにして観ていただけたら、よりこの世界観に入れて楽しめると思います。クセになる作品だと思うので、何回観ていただいても面白い作品だと思います。

映画『犬、回転して、逃げる』映画『犬、回転して、逃げる』映画『犬、回転して、逃げる』
2023 年 3 月 17 日(金)シネ・リーブル池袋、シネ・リーブル梅田ほか 全国順次公開

<あらすじ>
カフェ店員の木梨栄木(長妻怜央)は、実は「泥棒」という裏の顔を持つ青年だ。彼が今回のターゲットに定めたのは、1 日でも早く世界が終わることを願う婦人警官の眉村ゆずき(宮澤佐江)。彼女の部屋に忍び込み、現金の入った封筒の中にみつけた「ずっとお前を見ているからな」という手紙にドキっとするも、難なく“仕事”を終える木梨。
しかし、ある日、バイトを終えて自宅に戻った木梨は愛犬の天然くんが見当たらないことに気付く。果たして、木梨は天然くんを奪還することができるのか。

長妻怜央(7ORDER) 宮澤佐江
なだぎ武 中村歌昇 三戸杏琉
高橋怜也 武本悠佑 磯貝龍乎 鈴木浩文 桜田聖子 武藤賢人 鶴崎美帆 夏川さつき 真島真紀人
小坂涼太郎 ワタリ 119 仁科亜季子/登坂淳一

脚本・監督:西垣匡基
エグゼクティブプロデューサー:和田小太郎/プロデューサー 嶋田豪 中野イレーヌ/撮影:田中安奈/照明:藤井隆二/新井和成/録音:西岡正巳/助監督:小園悠太/美術:松井桃子/衣装:小倉真樹/ヘアメイク:前田沙良/制作:松島翔/CG:sai./音楽:斎藤優希/整音:秦修/制作協力・配給宣伝:アイエス・フィールド/企画・製作:TUFF STUFF

2023 年/日本/カラー/82 分/ビスタサイズ/5.1ch

公式WEBサイト http://is-field.com/inukaiten_movie/
公式Twitter @inukaiten_m

配給・宣伝:アイエス・フィールド

Ⓒ2023 映画「犬、回転して、逃げる」製作委員会

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。