• 2.5→3
  • 2.5次元ではない3.0次元舞台の情報
リトル・ヴォイス

【3.0リリース】舞台、「リトル・ヴォイス」 ビジュアル解禁!!(母親役: 安蘭けい ビリー役:山本涼介)

舞台、「リトル・ヴォイス」 ビジュアル解禁!!

来年5月上演いたします大原櫻子さんの初主演舞台、「リトル・ヴォイス」におきまして、大原さん演じるリトル・ヴォイスの母親役、安蘭けいとリトル・ヴォイスと恋に落ち彼女を支えるビリー役、山本涼介さんのビジュアルを、明日11月26日9時に解禁することになりました。

リトル・ヴォイス

リトル・ヴォイス母親役:安蘭けい

リトル・ヴォイス

ビリー役:山本涼介

↓↓↓ 公演概要はコチラ ↓↓↓
https://25news.jp/?p=8261

【ストーリー】

場所: 英国北部の町
時代: 1992年

英国北部の田舎町に住むリトル・ヴォイス(LV)。消え入りそうな小声でしか話さない彼女に、母 親がつけたニックネームだ。家に引きこもり、人と会うこともない彼女の唯一の楽しみは、父親の形見 の古いレコードを聴くこと。母親のマリーは、酒と男が大好きで、娘のことなど気にもかけずに奔放に 遊び回っている。
ある日、マリーは新しい恋人、レイを家に連れて来た。うだつの上がらない芸能プロモーターである レイは、たまたま耳にしたLVの歌声に魅了される。LVは繰り返しレコードを聴くうちに、ジュディ・ガーランド、マリリン・モンローなど往年の有名歌手たちの物まねを完璧にマスターしていたのだ。
レイは嫌がるLVを町のクラブで歌わせようとする。マリーもレイの言いなりで、娘の気持ちなど一切考えようとしない。そんなLVの支えとなったのは、電話工事でLV宅を訪れた青年、ビリー。 自分と同じく内気で繊細なビリーに、LVはいつしか心を許すようになった。

「お父さんのために歌うべき」だとレイから説得されたLVは、一度だけという条件でステージに立つ。LVの素晴らしい物まねと歌声に観客は大喜び。
レイは大々的にLVを売り出そうと画策するが…。

■『リトル・ヴォイス』過去リリース情報
https://25news.jp/?p=8459
https://25news.jp/?p=8261
https://25news.jp/?tag=リトル・ヴォイス

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。