The MERCY SEAT

三木眞一郎・名取裕子 (舞台)The MERCY SEAT

本作は、日本初演となる、
ニューヨークを舞台にした男女の二人芝居です。

時は、2001年9月12日未明。
9.11のテロ事件の翌朝の、女のアパートの一室。
女はアビー。キャリアウーマンにして出世街道まっしぐら。
一緒にいるのは一回り程年下で、ビジネスマン、自分の部下であり、
恋愛関係にある男、ベン。
ベンには妻子があり、二人は不倫関係にある。
たださえ苦しむ関係であるのに、アビーは、ある種の「パワーハラスメント」と世間にとらえられることにも怯えている。そして、あのテロ事件の時、仕事を抜け出し、たまたまこのアパートで密会していたため、事件には巻き込まれなかったのだ。ベンの家族は、当然、ベンの消息を心配して何度も携帯に電話をしてきている。
しかし、ベンは電話に出ない。
ベンは言う。
きっと家族は自分が死んだものと思っている。これは新しい人生への「招待状」だ。このまま二人で、どこか知らない州へ逃げて行けば、家のローンや様々なしがらみにとらわれず、二人でやり直せる。
砂塵舞い、遠くにサイレンが響き、騒然としている屋外の様子を背景に、静かな室内での男女の揺れる心理描写を、セリフ劇で綴っていく―。
極限の中のエロチシズムと、究極の愛と、選択。
古今東西における男女の普遍のテーマ。
最後にアビーが選択したのは……

女優・名取裕子と、声優・三木眞一郎という異色の顔合わせで、
映画監督・劇作家として活躍中のニール・ラビュートの独特の世界を、若手演出家・倉本朋幸により日本初演となる。

■ キャスト ■
ベン・ハーコート / 三木眞一郎
平成元年3月、81プロデュース所属俳優養成所・81演技研究所修了。同年デビュー。
少年から大人まで、幅広い声の演技力を持つ。
主な出演作は、「ポケットモンスター」シリーズ(コジロウ)、「頭文字D」シリーズ(藤原拓海)、「機動戦士ガンダム00」(ロックオン・ストラス)、「私の頭の中の消しゴム」(チョン・ウソン)、「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」(シャーロック・ホームズ〈ジョニー・リー・ミラー〉)、「Let’s天才てれびくん」(ナレーション)、など多数。
近年は、声優としての活動のほかに、『オリビアを聴きながら』(作・演出:横内謙介)、『Love Letters』(訳・演出:青井陽治)、『市川段治郎 名作語り その二 太宰治「お伽草紙」』(構成・演出:岡本さとる)、『もうひとつの竜馬伝-配役を探す八人の登場人物-』(作・演出:高平哲郎)など、演劇、リーディング、朗読劇などに積極的に参加し、様々の分野の役者、演出家との仕事で確実にキャリアを積み、声の表現者としての可能性に挑戦し続けている。

三木眞一郎

アビー・プレスコット/名取裕子
青山学院大学在学中、TBSテレビ小説「おゆき」のヒロインでデビュー。
NHKドラマ「けものみち」などを経て、映画「序の舞」をはじめ数々の話題作に主演。
昭和63年には蜷川幸雄演出『タンゴ・冬の終わりに』で舞台にも出演。華やかな容姿と確かな 演技力で舞台女優としても注目を浴び、『七人みさき』『にごり江』などの蜷川作品や、新橋演舞場『女系家族』『御宿かわせみ』『吉原炎上』『花の天勝』と4年続けて出演。
以後も三越劇場『小美代姐さん花乱万丈』『隣の女』『狐狸狐狸ばなし』『ほしあい』『居酒屋お夏』、大阪松竹座『妻への詫び状 作詞家星野哲郎物語』、御園座『梅咲きぬ』、京都南座『喜劇 売っ子芸者奮闘記』『喜劇 女房は幽霊』と様々な作品に主演する一方、川口松太郎『人情馬鹿物語』より『三味線しぐれ』『遊女夕霧』、『竹取物語』『女優 松井須磨子物語-愛と舞台に生きて』などの朗読作品にも出演し好評を博している。
「異人たちとの夏」「マークスの山」では日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。
テレビの好評シリーズ作品に、「法医学教室の事件ファイル」、「京都地検の女」、「葬儀屋松子の事件簿」がある。

名取裕子

■ スタッフ ■
作 ニール・ラビュート
(Neil LaBute 1963年3月19日~ )
アメリカ合衆国の劇作家・映画監督・脚本家。
ミシガン州ウェインで生まれ、ワシントン州スポケーンで育つ。カンザス大学、ニューヨーク大学などで映画制作・脚本を学ぶ。その後、舞台の脚本家としてキャリアをスタートした。アーロン・エッカートをよく起用するが、大学時代に出会った友人同士だという。
日本では2010年、向井理主演・三浦大輔演出で『ザ・シェイプ・オブ・シングス~モノノカタチ~』、2012年、村井良大ら若手俳優の出演・深作健太演出で『カワイクなくちゃいけないリユウ(Reasons to Be Pretty)』(08年にオフ・ブロードウェイで初演。09年にはブロードウェイで上演され、同年のトニー賞では、プレイ部門作品賞にノミネートされた)、2013年、三宅健主演・古川貴義演出(箱庭円舞曲・主宰)で『SomeGirl(s)』、2015年には『カワイクなくちゃいけないリユウ』再演、及び続編『シアワセでなくちゃいけないリユウ』(二作品の同時上演)などが上演されている。

■主な監督作品
「In The Company Of Men」(1997)、「僕らのセックス、隣の愛人 Your Friends & Neighbors」(1998)、「ベティ・サイズモア Nurse Betty」(2000)、「抱擁 Possession」(2002)、「彼氏がステキになったワケ The Shape of Things」(2003)、「ウィッカーマン The Wicker Man」(2006)、「レイクビュー・テラス 危険な隣人 Lakeview Terrace」(2008)、「お葬式に乾杯! Death at a Funeral」(2010)、「ラビリンス 抜け出せないふたり Some Velvet Morning」(2013)
訳 常

■訳 常田景子
神奈川県出身。東京大学文学部心理学科卒。俳優、舞台制作を経て、翻訳家となる。
2001年、第8回湯浅芳子賞、翻訳・脚色部門受賞。
主な上演作品は、『ピアフ』、『黄昏にロマンス』、『ブラッドブラザース』、『ヒストリーボーイズ』、『負傷者16人』、『太陽に灼かれて』、『姉妹たちの庭で』、『グレンギャリー・グレン・ロス』、『やけたトタン屋根の上の猫』、『シカゴ』、『6週間のダンスレッスン』、『ペテン師と詐欺師』、『奇跡の人』、『伝説の女優』、『デモクラシー』、『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』など。
翻訳書に「リディキュラス!」、「戯曲の読み方」、「現代戯曲の設計」などがある。

■演出 倉本朋幸
1981 年8 月28 日生まれ、高知県出身。
2003 年、演劇集団円付属研究所に入学。俳優の佐古正人氏に師事。俳優としてロバート・A・アッカーマン、デヴィッド・ルヴォーなどの演出作品に多数出演。
2010 年、演出家デビュー。また同年、演劇プロデュース・ユニット〝オーストラ・マコンドー〟を結成。「より多くの人々が演劇を通して人生を豊かに、幸せなものになって欲しい」という想いを原動力に創作に挑んでいる。
最近の演出作品は、『さらば箱舟』『カズオ』『斜めから見ても真っ直ぐ見てもなんだかんだ嫌いじゃないもの』『トレモスのパン屋』『家族』『朱日記』『いちばんのおくりもの』『銀河鉄道の夜』など。
このほか、ファッションショー、PV等の演出やCMのプランニングなども多数手がけている。原作の「トーキョービッチ,アイラブユー」が吉田光希監督により映画化され、第14 回東京フィルメックスコンペ部門でスペシャル・メンション授与。

倉本朋幸

The MERCY SEAT
■ 公演概要 ■
★公演日程 平成28(2016)年4月13日(水) ~ 17日(日) 【全5回公演】
★会場 シアタートラム
★料金 6,800円(全席指定・税込み)
★チケット取扱い 【 3/4(金) 10:00より 一般前売り開始 】
 アーティストジャパン 03-6820-3500 http://www.artistjapan.co.jp/
 チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード 449-761】 http://t.pia.jp/
 e+(イープラス) http://eplus.jp
 世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515 (10:00~19:00)
 PC http://setagaya-pt.jp/
 携帯 http://setagaya-pt.jp/m/
★お問合せ アーティストジャパン 03-6820-3500
http://www.artistjapan.co.jp

The MERCY SEAT

The MERCY SEAT

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。